Careers

量子コンピュータの実用化のためには、物理・化学・コンピュータ科学の知見の集結およびユーザーやサプライヤーを含めた量子コンピュータ業界を形成することが不可欠です。 物理を社会に役立てたい、新しい産業を作りたい、研究開発がビジネスに直結する仕事がしたい。
QunaSysは、そんな人を求めています。

量子コンピュータの現在

理想的な量子コンピュータが完成すれば、高度な物理化学シミュレーション、複雑な社会問題を解決するための機械学習・最適化など、多くの分野で役立ちます。

その究極の量子コンピュータの出現をただ待っているだけでなく、現在の不完全な量子コンピュータをうまく使いこなして社会・産業活動に役立つ結果を得よう、という考えのもと、大学のみならず企業においても研究が盛んになっています。

最高のハードウェアとソフトウェアが不可欠

量子コンピュータを社会・産業活動に役立てるには、量子ビットの集積化など、ハードウェアのブレイクスルーが必要であることは間違いありません。
一方で、量子加速をより早く実現するためには、「ソフトウェアによってハードウェアの性能を最大限に引き出す」ことも同じくらい重要です。

たとえば、少ない量子ビットを効率的に活用する手法や、エラーに強いアルゴリズムの開発など、ソフトウェア開発の課題はたくさんあります。

私達が目指すもの

研究開発型ベンチャーのQunaSysは、技術課題を解決する基礎研究と、社会・産業に役立つエンジニアリングを両輪で回しながら、新しい技術を生み出し続けています。
このような体制を通じて、これまでハイライトが当たりづらかった「物理」の研究成果が、いち早く社会に役立てられ、そこで得られた利益が研究・教育の現場に還元されることで、物理学が社会全体の発展を牽引していく。そんなサイクルの実現を目指しています。

QunaSysで、世界最先端の実機を使いこなしながら、量子コンピュータが本当に実用的になる瞬間を見届けて、人類に新しい可能性を届けませんか?

募集職種

正社員

勤務条件
  • 勤務地:リモートワーク(光回線でインターネットに接続できる場所ならどこでも可)
  • 専門労働型裁量労働制(みなし労働時間:8時間)
  • 当社規定による年次有給休暇制度(入社時に10日付与)
待遇
  • 経験、能力等を考慮し、当社規定により支給
  • 交通費・住宅手当支給
福利厚生
  • 社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険)
  • 有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、慶長休暇等
  • 定期健康診断実施
  • パソコン支給
  • 働き方支援補助(光回線・住宅手当)
  • 語学学習支援
  • 運動手当
応募方法

QunaSysでは通年採用を行っています。

  • 経歴
  • 志望動機
  • 今までの研究や開発成果が分かるもの
  • GitHub・ウェブサイト・ブログ・Twitter等(あれば)

以上の内容をまとめて hr@qunasys.com までご送付ください。
経歴等はレジュメ推奨・履歴書でも可能です。
今までの経験や志望動機は、カバーレターかメール本文に記述しても結構です。

Quantum Application Engineer (Chemistry, Material science)

業務内容
  • 量子アルゴリズムを活用してユーザーの抱える課題を解決するソフトウェアの設計・開発
  • 社内で使う化学計算用のライブラリの設計・開発
  • 量子計算クラウドサービス中の計算処理部分の開発
  • ユーザーが実行する化学計算のサポート
必要な経験/スキル
  • 量子情報科学・化学・物理学のいずれかの分野の知識や関心
  • C言語, C++, Python の最低いずれか一つによるコーディング能力
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができること
望ましい経験/スキル
  • 量子化学・第一原理計算に関する知識や関心
  • 分子設計・計算科学ソフトウェアの使用経験・業務経験
  • 量子アルゴリズムまたは古典アルゴリズムに関する知識
  • 論文上のアルゴリズムをソフトウェアとして設計・実装できる能力

Quantum Middleware Engineer

業務内容
  • 量子計算を活用するソフトウェアを効率的に開発・実行するためシステムの設計・開発
  • 作成された量子回路を異なる量子ハードウェアで同じように実行できるような処理基盤の設計・開発
  • 量子計算を活用したソフトウェア開発のための開発環境の構築
  • 量子回路を効率・精度良く評価するためのシステムを設計・開発
必要な経験/スキル
  • Python, C++, Rustのいずれかによるコーディング能力
  • (古典)アルゴリズムやデータ構造についての知識
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができること
望ましい経験/スキル
  • チームによるソフトウェアの開発経験
  • 量子計算の基本的事項の理解(量子ビットや量子回路等)
  • 量子ハードウェアベンダーが提供するSDKやAPIについての理解
  • コンパイラ・トランスパイラに関する知識・興味

Cloud Architect

業務内容
  • クラウドサービスを利用したシステムの設計・構築・運用
  • QunaSysが開発するサービスの提供するために使用するクラウドサービスの選定
  • コンテナ実行環境、ネットワーク、データベース、ストレージなどのリソースの構築・運用
必要な経験/スキル
  • GCP, AWS, Azure のうちの一つを用いたクラウドシステムの設計・構築経験
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができる
望ましい経験/スキル
  • 要件から主体的に技術選定を行う能力
  • コンテナ実行環境、ネットワーク、データベース、ストレージなどのリソースの構築・運用の経験

Backend Engineer

業務内容
  • バックエンドのソフトウェアの設計、開発
  • 量子計算クラウドサービスのユーザーやジョブの管理APIの設計・開発
  • 量子計算クラウドサービスのデータベース設計
  • データマネジメントシステムの管理APIの設計・開発
  • データマネジメントシステムのデータベース設計
必要な経験/スキル
  • Python, Go 等によるコーディング能力
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができる
望ましい経験/スキル
  • バックエンドに関する開発経験
  • ビジネス要件から、主体的にシステムの仕様決定・設計ができる
  • gRPC (Protocol Buffers) についての知識・使用経験
  • RDB (SQL) の知識・使用経験
  • GCP, AWS, Azure などのクラウド基盤を用いたサービスの開発経験

Web Frontend Engineer

業務内容
  • Webフロントエンドのの設計・開発
  • 量子計算クラウドサービスのユーザーやジョブの管理画面の設計・開発
  • データマネジメントシステムの管理画面の設計・開発
  • TypeScript/JavaScript, React/Vue.js 等のモダンな開発環境によるソフトウェアの開発
必要な経験/スキル
  • TypeScript/JavaScript 等によるコーディング経験
  • React/Vue.js 等のライブラリ使用経験
  • HTML, CSS のコーディング経験
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができる
望ましい経験/スキル
  • フロントエンドの開発経験
  • チームでのソフトウェア開発経験
  • UX/UIデザインについての関心

Research Scientist (Chemistry, Material Science)

業務内容
  • 化学・固体物理への応用を念頭に、量子コンピュータの実用化へ向けた量子計算の研究を行う。
  • 研究の成果を論文や学会等を通じて発表する。
  • 社内エンジニアが研究成果にアクセスできるようにコーディングをする。
  • 量子計算のシミュレーション・解析を行う。
必要な経験/スキル
  • 量子情報科学・化学・物理学のいずれかの分野の専門的な知識
  • Python等で研究アイディアの検証のためのコーディングをする能力
  • 学術誌に投稿できる論文原稿を書ける
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができる
望ましい経験/スキル
  • 量子化学・第一原理計算に関する知識や関心
  • 研究プロジェクトをマネジメントした経験
  • 量子情報・量子計算に関する知識
  • 最新の論文の動向を追いかけ、実装できる能力

Research Scientist (Quantum Computation)

業務内容
  • 量子計算における誤り訂正の知識を持ち、数年後の量子計算の可能性を開拓する研究を行う。
  • 研究の成果を論文や学会等を通じて発表する。
  • 社内エンジニアが研究成果にアクセスできるようにコーディングをする。
  • 量子計算のシミュレーション・解析を行う。
必要な経験/スキル
  • 量子誤り訂正を中心とした量子計算の専門的な知識
  • Python等で研究アイディアの検証のためのコーディングをする能力
  • 学術誌に投稿できる論文原稿を書ける
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができる
望ましい経験/スキル
  • 量子化学・第一原理計算に関する知識や関心
  • 研究プロジェクトをマネジメントした経験
  • 量子情報・量子計算に関する知識
  • 最新の論文の動向を追いかけ、実装できる能力

ビジネス

業務内容

量子コンピュータは、間違いなく今後世の中を大きく変えるポテンシャルを持つ技術です。一方で、そのポテンシャルを実現するためには、単純な技術発展だけではなく、人材育成を含めた業界形成や、社会変革が必要であることもまた事実です。

上記のような課題認識の下、これまでもQunaSysでは、産業コンソーシアムの立ち上げや、量子人材育成のための勉強教材の提供、国の政策検討の場への参画・課題提起等に、精力的に取り組んできました。今後は、これらの活動を一層加速するとともに、海外にも活動の幅を広げ、業界形成・社会実装をリードしていきたく考えています。

本職種は、いちスタートアップであるQunaSysの事業開発だけではなく、「新しい産業の立ち上げ」「新しい技術の社会実装」という、やりがいのあるミッションに取り組んでいただけるポジションです。

具体的には以下の内容を含みますが、これらに限りません。

  • 量子コンピュータ技術の社会実装戦略の検討
  • QunaSysが運営するコンソーシアム(QPARC)の運営・海外展開
  • 国内外の営業・営業サポート
  • 業界団体の立ち上げ、同団体内でのワーキンググループの推進・情報発信
必要な経験/スキル
  • 新しい産業の立ち上げや、新しい技術の社会実装に熱意を持って取り組める方
  • 主体的に行動できる方
  • 経営に関する一般的な知識(財務三表や事業計画の構造の理解)
望ましい経験/スキル
  • プロジェクトマネジメント経験(小規模で可)
  • 業界団体・コンソーシアムの立ち上げ・運営経験
  • 政府系プロジェクトへの従事経験
  • トップマネジメントへの営業経験、もしくは営業ネットワーク

業務委託

勤務条件
  • 勤務形態:リモートワーク
  • 週1回以上
待遇
  • 応相談
応募方法
  • 今までの研究や開発成果が分かるもの

以上の内容をまとめて hr@qunasys.com までご送付ください。

Quantum Middleware Engineer

業務内容
  • 量子計算を使うソフトウェアを効率的に開発・実行するためシステムの設計・開発
  • 作成された量子回路を異なる量子ハードウェアで同じように実行できるような処理基盤の設計・開発
  • 量子計算を活用したソフトウェア開発のための開発環境の構築
  • 量子回路を効率・精度良く評価するためのシステムを設計・開発
必要な経験/スキル
  • チームによるソフトウェアの開発経験
  • Python, C++, Rustのいずれかによるコーディング能力
  • (古典)アルゴリズムやデータ構造についての知識
  • 異なる分野、企業のエンジニアと積極的に議論・情報共有ができること
望ましい経験/スキル
  • 量子計算の基本的事項の理解(量子ビットや量子回路等)
  • 量子ハードウェアベンダーが提供するSDKやAPIについての理解
  • コンパイラ・トランスパイラに関する知識・興味

Cloud Architect

業務内容
  • クラウドサービスを利用したシステムの設計・構築・運用
  • QunaSysが開発するサービスの提供するために使用するクラウドサービスの選定
  • コンテナ実行環境、ネットワーク、データベース、ストレージなどのリソースの構築・運用
必要な経験/スキル
  • 要件から主体的に技術選定を行う能力
  • GCP, AWS, Azure のうちの一つを用いたクラウドシステムの設計・構築経験
  • コンテナ実行環境、ネットワーク、データベース、ストレージなどのリソースの構築・運用の経験
望ましい経験/スキル

    Backend Engineer

    業務内容

    QunaSysで開発を行っているQamuyという量子化学計算向けのアルゴリズムエンジンのバックエンド開発を行って頂きます。量子コンピュータ・量子化学に関する知識は一切不要です。

    現在使用している技術・サービスは Go言語, Python, gRPC (Protocol Buffers), RDB (SQL), GCP (Cloud Run, Cloud SQL, API Gateway, Cloud Logging), Firebase (Authentication), Azure (Azure Batch) です。

    具体的には以下の業務に取り組んでいただく予定です。

    • 契約情報に基づき、ユーザーのAPI利用量を管理するシステムの設計・実装(契約プランに応じて計算実行時間を制限するなど)
    • ユーザーの計算ジョブ実行を管理する(スケジューリング・優先度など)システムの設計・実装
    • 計算ジョブ制御の高度化(サーバー・ジョブプロセス間のAPI通信)
    必要な経験/スキル
    • バックエンドの開発経験
    • ビジネス的な要件から、主体的にシステムの仕様決定・設計を進められる方
    望ましい経験/スキル

      Web Frontend Engineer

      業務内容
      • Webフロントエンドのの設計・開発
      • 量子計算クラウドサービスのユーザーやジョブの管理画面の設計・開発
      • データマネジメントシステムの管理画面の設計・開発
      • TypeScript/JavaScript, React/Vue.js 等のモダンな開発環境によるソフトウェアの開発
      必要な経験/スキル
      • フロントエンドの開発経験
      • チームでのソフトウェア開発経験
      • TypeScript/JavaScript 等によるコーディング経験
      • React/Vue.js 等のライブラリ使用経験
      • HTML, CSS のコーディング経験
      望ましい経験/スキル
      • UX/UIデザインについての関心

      インターン

      勤務条件
      • 勤務地:なし(リモートワーク
      • 週2回以上
      待遇
      • リサーチャー:時給2,000円~
      • 量子技術, ビジネス:時給1,500円~
      • 交通費支給
      応募方法
      • 経歴
      • 今までの研究や開発成果が分かるもの(リサーチャー, 量子技術)
      • これまで取り組んできたことなど(ビジネス)
      • 志望動機・本インターンで行いたいこと

      以上の内容をまとめて hr@qunasys.com までご送付ください。
      経歴等はレジュメ推奨・履歴書でも可能です。
      今までの経験や志望動機はカバーレターでも、メール本文に記述しても結構です。

      リサーチャー

      業務内容
      • 量子情報・量子化学分野の論文の実装
      • 上記に関する新規手法開発の研究及び論文の発表
      必要な経験/スキル
      • ソフトウェア開発経験 (C/C++言語, Python, R, MATLABなど)
      • 量子情報・量子化学計算・物性物理学・最適化・機械学習のいずれかの分野での専門的な知識
      望ましい経験/スキル
      • 量子計算ライブラリ(Qulacs, Cirq, QuTiP, pyQuil, Qiskit)の使用経験

      量子技術エンジニア

      業務内容
      • 量子情報・量子化学分野の論文のまとめ
      • 量子情報・量子化学分野の論文の実装及び量子コンピュータ実機またはシミュレータでのベンチマーク取得
      • 量子計算シミュレータQulacsの開発
      必要な経験/スキル
      • 量子情報・量子化学計算・物性物理学・最適化・機械学習のいずれかの分野での専門的な知識
      望ましい経験/スキル
      • ソフトウェア開発経験 (C/C++言語, Python, R, MATLABなど)
      • 量子計算ライブラリ(Qulacs, Cirq, QuTiP, pyQuil, Qiskit)の使用経験

      ビジネスインターン

      業務内容
      • QunaSysの事業に限らず、量子コンピュータ業界全体のPR, 市場の形成などの非営利活動

      具体的な業務

      • QPARCをはじめとする、量子技術に取り組むコンソーシアム・コミュニティの立ち上げ・運営
      • Qmediaをはじめとする、量子コンピュータ・量子技術業界のプロモーション活動
      • 量子コンピューティング・量子技術イベントQuantum Summitの運営
      必要な経験/スキル
      • 先端技術に興味があり、市場の形成に貢献していきたい方
      • Word /Excel/ PowerPointなどを難なく使用できる方
      望ましい経験/スキル
      • ホームページの作成のスキル/経験
      • イベント運営の経験

      QunaSys Graduate Fellowship Program

      QunaSysでは、現在15名の全社員のうち8名はPh.D.を保持しており、高度な専門性や新しい技術にキャッチアップできる能力を生かして活躍しています。

      量子コンピュータの実用化のためには、量子アルゴリズムの改良などの最先端の研究開発に取り組むことが必須です。これらの研究を推進するために、QunaSysは今回 QunaSys Graduate Fellowship Program を設立致しました。

      このプログラムでは、週4回・2ヶ月間というという短期集中型で、QunaSysの世界レベルの研究・開発チームとともに量子コンピュータの産業応用へ向けた課題解決のための研究に取り組んでいただけます。

      本プログラムは博士レベルの専門性を持つ方々にとって、自分の専門知識を活かしながら量子コンピュータ実用のための課題解決に役立つプロジェクトに取り組める、大変良い機会になるのではないかと思っております。

      また、QunaSysでのインターンを卒業した後、アカデミアの道へ進み、既に大学の助教になった方も複数人いらっしゃいます。博士課程修了後にアカデミアに残る予定の方も、「企業で実用に向けた研究に触れてみたい」というモチベーションをもって本プログラムへ参加していただければと思います。

      皆様からのご応募、お待ちしております!

      勤務条件
      • 採用期間:原則2022年2月~3月の2か月間(開始時期、終了時期は相談可)
      • 週4日
      • 勤務地:QunaSys本社・リモートワークを選択可能(十分な速度のインターネット環境があること)
      待遇
      • 時給3,000円(参考月給:32時間*4週*3,000円=408,000円(税引前))
      • 交通費支給
      採用人数
      • 若干名
      応募方法
      • 経歴
      • 志望動機

      以上の内容をまとめて hr@qunasys.com までご送付ください。

      QunaSys Graduate Fellowship Program

      業務内容
      • 量子コンピュータに関する、量子情報・物性物理・量子化学等の分野の文献調査・論文実装
      • 上記に関する新規手法開発の研究及び論文の発表
      対象者
      • 数学・理学・工学・情報系等の専門性を持つ大学院生(インターンシップへの参加に指導者の了解が取れる方)
      • 数学・理学・工学・情報系等の専門性を持つポストドクター研究員・会社員(副業等が可能な方)
      • 国外在住者からの応募も歓迎です
      必要な経験/スキル
      • 量子コンピュータ、特にNISQデバイスの応用に関するオリジナルの研究を行う意欲
      • 英語の査読付き学術論文の出版経験や、査読付き国際会議への採択経験(未経験でも応募は可能です)
      • 英語の学術論文を読み、まとめる能力
      • 以下のいずれかの分野に関する学位(学士・修士・博士)や研究経験
        • 量子化学(理論手法開発の経験が望ましい)
        • 量子情報
        • 量子系を対象とする物理学
      • Quantum Native Dojoをひとしきり読んだ経験
      • Pythonで数値計算のプログラミングコードが書ける能力
      望ましい経験/スキル
      • Nielsen-Chuangの教科書を読んだことがあるなど、量子情報の基本的な知識
      • Qulacsを用いた経験
      • 量子化学計算・第一原理計算など、物質科学に関する知識
      選考スケジュール(予定)

      ※下記はあくまで予定であり、応募者の都合に合わせて融通が利きます。hr@qunasys.comまでお気軽にお問い合わせください。

      • 2021年11月8日(月):募集開始
      • 2021年12月3日(金):応募締切
      • 2021年12月6日(月):書類選考通過者に技術課題を送付(技術課題では、2週間程度の期間で量子コンピュータに関する論文のまとめや一部の結果の再現を行っていただきます)
      • 2021年12月20日(月)~:技術面接にて、技術課題の成果を伺います
      • 2022年1月10日(月)~14日(金):最終面接
      • 2022年1月17日(月):内定者決定・通知
      • 2022年2月1日(火):インターンシップ開始
      研究テーマ例

      以下は一例であり、採用者の専門性・希望に応じて柔軟に設定可能です。

      • テンソルネットワーク法を活用した量子コンピュータによる新しい計算アルゴリズムの開発
      • クラウド利用可能な量子コンピュータを用いて世界最大規模・最高精度の計算を実行する、或いはそのためのアルゴリズム開発
      • プレFTQC(黎明期の誤り訂正量子コンピュータ)時代を見据えた、産業上重要な問題を解くために必要な実機スペックの見積もりや最適なアルゴリズム開発
      その他
      • 採用された場合、当社とNDA(秘密保持契約)を結んでいただきます。
      • 各種奨学金・学振DCなどとの重複は可能ですが、採用された場合は各自で必要な手続きをお願い致します。
      • ポストドクターや会社員の方は、ご自身で雇用主との調整をお願い致します。

      量子コンピュータソフトウェア開発にこれから取り組みたい方へ

      量子情報の基本と、QunaSysが取り組んでいる量子化学計算・機械学習・誤り訂正に関する勉強教材を公開しています。こちらに取り組んだ後にぜひQunaSysへご応募ください!