News

QunaSysとPsiQuantumが量子コンピューティングによる産業化学と材料科学の発展のため提携を開始

株式会社QunaSys(以下、QunaSys) とPsiQuantumは本日、持続可能な材料の開発を加速させることを目的とした産業化学計算における誤り耐性量子コンピューティングの能力を評価する共同研究プロジェクトを発表しました。日本のJSR株式会社(以下、JSR)は、このプロジェクトにアルファカスタマー(先行ユーザ)として参加し、エラストマー、プラスチック、試薬の製造を進歩させるために量子コンピューティングを評価します。


QunaSys・PsiQuantum・JSRの三社は、量子ハードウェア・アルゴリズム開発・材料科学における相互補完的な強みを活かし、化学産業における量子コンピューティング利用促進のために協力していきます。

PsiQuantumは、シリコンフォトニック誤り耐性量子コンピューティングハードウェアおよび誤り耐性量子コンピューティングアルゴリズムの開発に関する専門知識を提供し、QunaSysは量子コンピューティングの実応用へ向けた企業コミュニティ(QPARC)の運営から得られた知見を踏まえ、材料開発のための高度な量子アルゴリズムと量子化学計算を提供します。JSRは、持続可能な製品開発のために、既存の材料の可能性や新しい材料の応用の可能性を常に追求している材料科学のグローバルリーダーです。

QunaSys は PsiQuantum と共同で、高度な量子化学シミュレーションを行うために誤り耐性量子コンピュータに必要な計算時間と計算資源を見積もるソフトウェアを開発します。JSRは、このソフトウェアを材料の研究開発に活用し、これまで不可能だった材料シミュレーションを誤り耐性量子コンピュータを活用して実行するための準備を行います。

量子コンピュータは、量子力学に基づく新奇なアルゴリズムを用いて分子や材料をシミュレーションすることで、従来のスーパーコンピュータでは扱うことのできない、材料科学や化学の複雑な問題を解くことができます。量子コンピュータは、分子内の電子などの量子システムを効率的に模倣することができるため、複雑な材料の化学的・物理的特性をより予測可能かつ正確に把握することができ、より持続可能で環境的に安全な製品を生み出す道を開くことができます。


<QunaSys CEO 楊 天任のコメント>

「量子コンピューティング技術の進歩に伴い、新技術開発の原動力となる、ユースケースの探求とアルゴリズムの開発の最前線に立つことが重要になってきています。PsiQuantumとのパートナーシップによって、商業的に有用なアプリケーションに取り組むための重要な要素である、誤り耐性量子コンピューティングの最新技術にアクセスすることができます。JSRとの協力関係は、この研究が、環境保護に重点を置いた製品やサービスを提供している材料科学のリーディングカンパニーの画期的な開発をサポートしていくことを意味しています。」



JSRは、半導体やライフサイエンス市場を含むデジタルソリューションに焦点を当てた、多国籍企業です。同社の材料は、マイクロチップ、ディスプレイパネル、家電製品、タイヤの材料など、日常的に使用される膨大な製品の製造に使用されています。

<JSRマテリアル・インフォマティクス・イニシアチブ副本部長 大西 裕也氏からのコメント>

「量子コンピュータはもはやSFではなく、今こそこの革命的な技術に備えるべき時です。量子コンピューティングがどのような計算課題に対応できるかを理解し、最もインパクトのあるユースケースを特定することは、将来の経済において競争優位性を維持するための鍵となります。」

 

<PsiQuantumチーフ・レベニュー・オフィサー Josh Richman氏からのコメント>

「PsiQuantumとQunaSys社、およびJSRとの協力関係は、持続可能な新素材のシミュレーションのための誤り耐性量子コンピューティングアルゴリズムを進化させるものです。このようなコラボレーションは、半導体、合成ゴム、LCDディスプレイ、デジタル3Dアプリケーション、次世代プラスチック、新しいライフサイエンス製品などの製造に使用される新素材の発見に道を開く可能性があるでしょう」


※QunaSysのソフトウェア開発は、総合科学技術・イノベーション推進会議(CSTI)、戦略的イノベーション推進プログラム(SIP)、光・量子を活用したSociety 5.0 実現化技術(管理法人:QST)プログラムの支援を受けています。


株式会社QunaSysについて

株式会社QunaSysは量子コンピュータのアルゴリズム・アプリケーションエンジンの開発を行っています。量子コンピュータの新しい使い方・アルゴリズムを提案し、それらのアルゴリズムを実際の材料開発に活用するためのソフトウェアの開発等を行っております。また、エコシステム形成に向けた取り組みにも力を入れています。昨年7月より、量子コンピュータの応用検討コミュニティQPARCを運営し、国内主要企業50社と共に、実用化に向けたユースケース探索に取り組んでいます。

PsiQuantumについて

PsiQuantumは、シリコンフォトニクスと量子アーキテクチャの飛躍的な進歩に基づき、世界で最も重要な課題を解決するために、世界初の商業的に有用な量子コンピュータの構築を目指しています。PsiQuantumは、誤り訂正に必要な規模を達成し、汎用な誤り耐性量子コンピュータを実現するには、シリコンフォトニクスが唯一の方法であると考えています。PsiQuantumは、世界をリードする半導体製造装置を用いて量子チップを製造しつつあり、気候変動、医療、金融、エネルギー、農業、交通、通信などの分野で、量子の可能性を提供するための独自の地位を確立しています。詳細については、www.psiquantum.comをご覧ください。

© 2021 PsiQuantum. PsiQuantumおよび当社のロゴは、米国およびその他の国におけるPsiQuantum, Corp.の商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

2021/12/09

Category: Press Releases
Category: Press Releases
Year: 2021