COOとエンジニアが加わりました。

DSC04165 copy.JPG

QunaSysに松岡 智代がCOOとして、井辺 洋平がエンジニアとして加わりました。
この二人の参画によってビジネスとエンジニアリングの両面が強化され、戦略的研究開発をさらに加速させます。

QunaSysでは引き続きエンジニアと各種インターンを募集しています

【メンバープロフィール】
松岡 智代
京都大学大学院工学研究科材料化学専攻博士課程修了後、Arthur D Little Japanに入社し、化学・素材・自動車を中心とした製造業に対する新規事業戦略/中長期戦略の策定支援を行う。ADLとQunaSys COOを兼務し、2020年1月にフルタイムとしてjoin予定。

本人コメント:
素材業界は今、大きな変局点を迎えています。マテリアルズインフォマティクス,量子コンピュータといった計算科学をいかに活用していけるかが、今後の競争力を左右するのだということをひしひしと感じています。QunaSysは、この新しい時代において、量子コンピュータと素材業界の接点となり、業界そのものの発展を牽引できる、確かなビジョンと開発力を持った会社です。QunaSysでは、これまでの自身の経験や知見を活かして、量子コンピュータという新しい技術と素材業界の接点を創出し、業界の計算科学活用を盛り上げていきたいと思います。


井辺 洋平
京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻修士課程終了後、証券会社に入社。フルタイムのエンジニア兼エバンジェリストとしてQunaSysにjoin。

本人コメント:
大学院で物理学(物性理論)を専攻後、証券会社でクオンツとしてデータ分析等に従事していましたが、物理に対する情熱を抑えきれず、研究開発主導型の量子情報ベンチャーであるQunaSysへの入社を決意しました。
夢の技術と言われていた量子コンピュータですが、近年はハードウェアの開発競争の高まりによって実用的な応用がすぐそこまで来ており、非常にエキサイティングな時代と感じています。
私は、量子情報エバンジェリストとして素材・化学メーカー向けに勉強会・共同研究を行い、顧客企業の量子コンピュータ活用・新技術開発の加速に貢献します。
同時に、量子計算チームのエンジニアの一人として、自社開発の量子コンピュータの高速シミュレータであるQulacs/Qulacs Plusの開発に携わり、量子コンピュータ応用研究の地盤を固めていきます。
機械学習や金融を含む様々な分野への応用も意識し、常に視野を広く持っていきたいと思います。